節約生活 in 東京

北京で1年半、上海で7年。中国生活→東京生活を公開中。

報道

テンプレートを変えてみた。見難かったら変更しますのでご一報を!

★【裏・北京五輪】中国人は列を作って並ぶのか? 検証★
って言う記事がライブドアニュースに上がってた。

内容はこうだ・・・

中国人を馬鹿にするつもりは毛頭ないが,「中国人は列を作って並ばない」
「並んでいると割り込んでくる」という話をよく聞くことがあり、その点については
“文化だから仕方がない”という域を通り越しているように感じる。

しかし、実際に自分の目で確かめずに結論づけてはいけない。
ということで、実際に各所の行列ができそうな場所に出向き、
ちゃんと列を作って並んでいるか、検証してみた。

今回検証した場所はすべて北京市内で、バス停留所、地下鉄のキップ売り場、マクドナルド、吉野家、デパートのトイレの各所だ。

バス停留所
ちゃんと並んでいた。バスがいちばん並ばないポイントであると聞いていたが、
少なくとも北京市では並んでいることを確認できた。
バスが到着すると少々列は乱れるが、割り込みする人はいなかった。

<地下鉄のキップ売り場>
ちゃんと並んでいるほうだが、たまに割り込みをしてくる中国人がいた。
なぜか割り込みをしてきた中国人に文句を言う中国人はいなかった。
とはいえ、思っていたよりキチンと並んでいるほうだ。

マクドナルド>
レジカウンターが複数あることで列があいまいになりがちで、割り込みしてくる
中国人が多かった。こちらが注意をしても、
「えっ? なんで?」という顔をされて終わりである。メイヨー!

吉野家
割り込みをする人が多かった。列はそれほど長いものではなかったが、
堂々と割り込みしてくる人が多かった。とはいえ、一応だが列はできていた。

<デパートの公衆トイレ>
堂々と割り込みしてくる。これは強く注意しないと、どんどん割り込みされて自分の番がまわってこないことになる。

結論としては、ひどい割り込みはトイレくらいで、あとはちゃんと並んでくれることがわかった。割り込みしてくる人はいるが、それでも列を作って並んでくれていることに、とても好感を持つことができた。とはいえ、取材班が四川省に行ったときは、どこでもけっこう割り込みされたので、中国全土において列を作って並ぶ文化があるかどうかは不明である。

と言う内容。。
何なんだろうこの記事。
外国人が、日本で未だにサムライが歩いてると信じてる!って事については
信じられな~い!!みたいに言うくせに・・・
結局同じことしてるんやん・・・。

日本にも横入りする人はいるし、横入りされても文句言わない人は言わない。
中国人も横入りされたら文句言うし、言わない人は言わない。

ちなみに公衆トイレで自分の番が回ってこないって書いてるケド
コチラの公衆トイレは一つのドアについて一列が基本。
日本のように入り口付近に立って,空いた所へ順番という所は少ないように思う。

並ぶ並ばない・・って言う問題よりも、こんな記事を載せてるニュースに
「んっ?!」って感じ。