節約生活 in 東京

北京で1年半、上海で7年。中国生活→東京生活を公開中。

上海から日本までの引越し 船便荷出し完了

27日朝9時から上海ー東京間の船便荷物を出した。
今回お願いしたのは上海韋駄天国際貨運。
4件見積りしてもらって、最安のココで決まり。

ヤマタネ    15,000元
・福岡物流    21,624元
・クラウンライン 14,000元(半年前の見積りなのでもっと安くなったかも?)
・韋駄天     13,300元   って事で、韋駄天にお願いにした。

車一台、日本人の担当者+屈強なおっさん2人で来た。挨拶もそこそこに作業開始。

ツモはソワソワするので、初めて繋いでみた。しょんぼりしてたけどw

それにしても、このおっさん2人がものすごい勢いで詰めていく。

ダンボールの隙間に靴を詰めてみたり…
圧縮した冬物の間にハンガーを入れてみたりwパズルのように詰める詰める。

特筆すべきはこのおっさんたちのダンボール細工のうまさw
あらよっと、ひっくり返してプチプチだけかと思ったら…ダンボールでフルカバー。

ツモの監視も厳しい。

ちょろちょろしなくなったので開放w

9時から始めて、12時前にはこの感じ。

あっという間に運び出しが始まって…

すごいねぇ。
なーんにも無くなった。
机も木箱も1個と数えて総個数27。2人分にしては少ないほうじゃないかね?
韋駄天では4立方の見積りだったような。
明らかに見積り時より椅子が4個増えてるのに、見積もり通りで良いよって…
太っ腹すぎる。ありがとう韋駄天。


まぁ全部無くなったのに、不要なものだけで普通に生活出来てるんだけどね…怖い怖い。